本文へジャンプ

LAMを知ろう

用語集 Alphabet Soup − 言葉のサラダ

『LAM Handbook日本版』より ※無断転載を禁じます

ABG arterial blood gas, 動脈血ガス
ACCESS Advocating for Chronic Conditions, Entitlements, and Social Services, (米)慢性状態、権利、社会福祉事業に対する支援
ADA Americans with Disabilities Act, 米国障害者法
AML angiomyolipoma, 血管筋脂肪腫
ATS American Thoracic Society, 米国胸部疾患学会
BAL bronchial alveolar lavage, 気管支肺胞洗浄(検査)
BID 一日2回(ラテン語:bis in die)
BMD bone mineral density, 骨密度
BP blood pressure, 血圧
CAT computerized axial tomography, コンピュータ体軸断層撮影
CMV cytomegalovirus, サイトメガロウイルス
CO carbon monoxide, 一酸化炭素
CO2 carbon dioxide, 二酸化炭素
COBRA Consolidated Omnibus Budget Reconciliation Act, (米)包括予算案調停法
COPD Chronic Obstructive Pulmonary Disease, 慢性閉塞性肺疾患
CPFR certified pulmonary function technician, 認定を受けた肺機能検査技師
CT computerized tomography, コンピュータ断層撮影
DLCO diffusing capacity for carbon monoxide, 一酸化炭素肺拡散能
ECG electrocardiogram, 心電図
EKG 心電図。ECGと同じです。(ドイツ語:electrokardiogramm)
ER emergency room, 救急室
ERV expiratory reserve volume, 呼気予備量
FEF25-75% average forced expiratory flow over the middle half of the FVC, 努力肺活量25%から75%での平均努力呼気流量
FEFMax forced expiratory flow maximum, 最大努力呼気流量
FET forced expiratory time, 努力呼気時間
FEV1 forced expiratory volume in one second, 一秒間の努力呼気量(1秒量)
FEV1/FVC 1秒量/努力肺活量(一秒率)、最初の一秒間で強制的に吐き出すことのできるガス量の肺活量に対するパーセンテージ
FRV functional residual capacity, 機能的残気量
FVC forced vital capacity, 努力肺活量
HIPAA Health Insurance Portability and Accountability Act, (米)医療保険の携行性と責任に関する法律
HMO Health Maintenance Organization(米)保健維持機構
HR heart rate, 心拍数
IC inspiratory capacity, 最大吸気量
IRV inspiratory reserve volume, 吸気予備量
IU international unit, 国際単位
LAM lymphangioleiomyomatosis, リンパ脈管筋腫症
LPM liters per minute, リットル/分
MDI metered-dose inhaler, 定量噴霧式吸入器
MMEF maximum mid expiratory flow, 最大中間呼気流量
MRI magnetic resonance imaging, 磁気共鳴画像法
NHLBI National Heart, lung, and Blood Institute, (米)国立心肺血液研究所
NIH National Institutes of Health, (米)国立衛生研究所
NKDA no known drug allergy, 既知薬物アレルギーなし
NKFA no known food allergy, 既知食物アレルギーなし
NORD National Organization of Rare Diseases, (米)希少疾患国立機構
NP nurse practitioner, ナースプラクティショナー:《特別の研修をうけ一定の医療行為を行える資格を持った、通例は学士号を有する登録看護師》
NPO 絶食(ラテン語:nils per os
NTAF National Transplant Assistance Fund,(米)全米移植支援基金
O2 oxygen, 酸素
O2 sats oxygen saturations, 酸素飽和度
OTC over the counter, 市販の(処方箋不要薬)
PA physician's assistant, 医師助手
PACO2 (*1) arterial partial pressure of carbon dioxide, 動脈血二酸化炭素分圧
PAO22 (*2) arterial partial pressure of oxygen, 動脈血酸素分圧
PEF peak expiratory flow, 最大呼気流量
PEFR peak expiratory flow rate, 最大呼気流速
PES post embolization syndrome, 塞栓後症候群
PF peak flow, 最大流量、ピークフロー
PFT pulmonary function test, 肺機能検査
PO2 / PaO2 (*3) partial pressure of oxygen, 酸素分圧
PCO2/PaCO2 (*4) partial pressure of carbon dioxide, 二酸化炭素分圧
PRN 必要に応じて(ラテン語:pro re nata)
PTX pneumothorax, 気胸
QD 一日1回(ラテン語:quaque die)
QID 一日4回(ラテン語:quarter in die)
RPFT registered pulmonary function technician, 登録を受けた肺機能技術士
RRT registered respiratory therapist, 登録を受けた呼吸療法士
RV residual volume, 残気量)
SOB shortness of breath, 息切れ、呼吸困難
SSD social security disability, 障害者社会保障
SSI social security insurance, 社会保障保険
TID 一日3回(ラテン語:ter in die)
TLC total lung capacity, 全肺気量
TPN total parenteral nutrition, 完全静脈栄養
TS (*5) tuberous sclerosis, 結節性硬化症
TSC (*6) tuberous sclerosis complex, 結節性硬化症
TV tidal volume , 一回換気量
UNOS United Network for Organ Sharing, 全米臓器分配ネットワーク
URI upper respiratory infection, 上気道感染
VATS video-assisted thoracic surgery, ビデオ補助下胸部手術(胸腔鏡下手術)
VC vital capacity, 肺活量

(*1) 訳者註:動脈血のガス分圧を表記するにはP(pressure、圧)とa(artery、動脈)を組み合わせて「Pa」とします。つまり、PaO2は動脈二酸化炭素分圧となります。「PA」と大文字のAを使用することは「肺胞気」、即ち、肺胞内の気体ないでのガス分圧を表記する時に使うのが呼吸生理学の分野では一般的です。後半の「Glossary of terms」ではPaO2やPaCo2と記載されており、本書ではやや統一を書いているようです。
(*2) 訳者註:1を参照。
(*3)訳者註:1を参照。
(*4)訳者註:1を参照。
<*5)訳者註:現在では結節性硬化症はtuberous sclerosis complexと英語では呼ばれ、TSCと略されるのが一般的ですが、本書では原文のままTSの略語で統一します。
(*6)訳者註:5を参照。

このページのトップへ